すもももももももものうち

のほほんとね☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬レオ、クッシング症候群との闘い

4月ごろにクッシング症候群だと診断され、治療を開始した我が家の老犬レオ。

やがて胸からお腹にかけての毛が完全に抜け落ち
ピンクだった皮膚は黒くなり、更にかさぶたの様になった皮膚が
ぽろぽろとこぼれ落ちる、更にその部分がぬめぬめとしてくるという
見るも無残な状態になった。

「毛が抜けるのはクッシング症候群ではよく見られる症状です。
皮膚が黒くなっているのも病気のせいです。
このまま放置しているとそのうちにお腹もどんどん膨らんできますが
薬が効いてくればそうはなりませんし毛も元に戻るでしょう」と言われたのだが
レオの脱毛は一向に良くなる気配は無かった。

さらに夏頃になると毎日寝てばっかりになり、食欲も落ちてきた。

大好きだった散歩に誘っても体がだるいのか興味も示さなくなり
常に小走りで移動していたのにのろのろとけだるそうに歩き
いつもジャンプして自分のベッドへ入っていたのに
「よっこいしょ」と言った感じで本当に辛そうに行動するようになった。


レオも来年で16歳。
結構長生きしていると思う。

やっぱり年齢的にきついのかなぁ。
もしかしたら今年の冬は越せないんだろうか。

そんな事を母と話していると母がこんな風に言った。

「もうレオも十分生きたと思うし、
きつい薬飲ませて辛い思いさせるんやったら
治療…もうやめてもええんちゃうかなぁ…」

レオは元々母の犬である。
治療も、母の意思の元に開始したものである。

そもそも治療を始めるときに病院の先生も
「年齢が年齢なので腫瘍などができていても手術はできません。
治療もどの程度効くかはわかりませんが
治療せずに天寿を全うさせると言うのも選択の一つです」
と、言っていた。

結果的には母が「少しでも長生きしてくれれば」と思い治療を選択したわけだが
ここへ来て、その治療に疑問を持ったようだった。

レオに与えられた薬はかなり強いものらしく
「与えるときには直接手で触らないで下さい。
また、粉とかを間違えて吸ったりすると危険ですので
出来ればマスクをしてください。人間にも影響がでますから」
と、言われていたのが今になってひっかかったらしい。

「人間にまで影響出るような強い薬やったら、
こんな小さい犬やったら辛いんちゃうやろか」


そうして、私達はレオへの投薬をやめた。
これが8月頃のお話。


あれから約3ヶ月、レオは…










なんかものすごく
元気なんですけど(笑)




ぬめっていた胸からお腹にかけての皮膚が何故だか
ピンク色に復活し、少しではあるがふわふわと毛まで生えてきた。

とりあえず今のところお腹がぷっくりと出てくる気配は微塵も無い。

更に食欲も小走りも復活。

ベッドには華麗にジャンプ!
私の寝ている布団の上をジャンプジャンプジャンプで移動。

嬉しいときにはくるくる激しく回り
ご褒美頂戴とフローリングですってんころりと転んでしまう勢いで走ってくる。


…えーっと、うちの犬は本当にクッシング症候群だったんでしょうか。

一応最初の検査結果ではそうなってたみたいだけど
今となっては「うーん…?」って感じ。

誤診だったのか、薬がきつ過ぎたせいでとんでもない症状が出ていたのか
正直なところ今となっては謎だが

投薬されるまでは何の症状も無く元気だったと言う事と
投薬後はどんどんひどい状態になってきたと言う事と
薬をやめたら元通り元気になったと言う事だけは紛れも無い事実。


まあ、万が一本当にクッシング症候群だったとしても
薬をやめてからは何の症状も出ていないし(むしろ好転している)
レオも元気に楽しく暮らしているのでこのまま天寿を全うしてくれればと思っている。

でも、今の様子を見てると
軽く16歳を迎えられそうなんだけどね。

レオ200711

てなわけで最近のレオ君。
元気そうでしょ♪



テーマ:シーズー - ジャンル:ペット

Tシャツ犬

我が家の老犬レオ君。

15歳だと言うのに食欲の衰えも無ければ、足腰も元気。
心臓もなんとも無いし、白内障気味ではあるが
目はきちんと見えている。

ご褒美をもらう時に大喜びでくるくる回る姿を見ていると
「あんたは本当に老犬なんですか」と聞きたくなるくらいである。

そんなレオ君ではあるが、やはり年をとると
どこかしら体に悪い部分が出てくる。

先日、クッシング症候群との診断を病院で受け
薬を飲み続けなくてはいけなくなってしまったのだが
症状が皮膚に出てきた。

なんだか時々とてもかゆくなるらしく
首の下やお腹辺りをぼりぼりかきむしる。

あまりにも強くかきすぎて、そこの部分だけ毛が減ってきて
なんだか悲惨な事になってきた。

獣医さんは「薬が効いてきたらマシになります」と言ってくれたが
それまで何とかならないかなぁと思った私は
古いTシャツをつぶしてレオの服を縫ってみた。

ミシンを使うのは久しぶりだ。
Tシャツの形を生かしたまま適当に縫い縮めて出来上がり。
すごい適当(笑)

Tシャツを着て気持ち良さげに眠るレオ君↓

レオ2


子供が寝てるみたい(笑)↓
レオ1


服を着ているおかげで
かゆいところをぼりぼりかいても、直接じゃないので
今までよりダメージが少ないようだ。

よかったよかった。

服なんて着せた事が無かったから
もしかしたら嫌がるかもしれないなんて思っていたけど
特に嫌がる様子も無く
今までもずっと服を着ていたかのように
普通に過ごしている。

気に入ってくれたのかどうかはわからないが
不快ではないようだ。

暇が出来たらまたTシャツを縫ってあげようかな。



テーマ:シーズー - ジャンル:ペット

犬臭い

最近、我が家のレオ君が非常に犬臭い。

犬なんだから犬臭いのは当たり前だと言われてしまいそうだが
昨年までのレオはそんなに臭くなかった。

ついこの間までは、美容院に連れて行った後は
しばらく良い匂いだったのだが
最近は2、3日もすると犬臭くなってしまう。

やっぱり15年も生きていると
犬にも加齢臭が出てくるのだろうか?

犬臭くても可愛い事に変わりは無く、
私はいつもと同じように可愛がっているのだが
娘のミラは「犬臭いからいや」とレオを遠ざける。

ミラは私ほど動物好きではないのである。

「臭くても可愛いやん」

「可愛くても犬臭いから嫌」

昔はレオを抱いて寝てたくせに薄情な娘だこと。


年齢的なものなら臭くても仕方ないとあきらめていた私だが
先日、レオを実家に預けた時に奇跡が起こった。

奇跡を起こしたのは私の母。

「レオ臭いからこれかけてみた」

そういって見せてくれたのがこれ↓


超電水クリーンシュシュ

これは水を電気分解して創られる洗浄用電解アルカリ水で、
特許製法で得られたpH12.5のアルカリが洗浄に除菌に消臭威力を発揮。

なんと、サルモネラ菌や0157を30秒で除菌すると言う優れもの。

そんなにパワーがあるにもかかわらず
人体や環境に有害な界面活性剤、アルコール等の有害物質を
一切含んでおらず、もちろん二度拭き不要。

これを五倍に薄めたものを軽く振りかけたらしい。

「そんなんかけて大丈夫なん?」

「人体にも影響ないから平気。薄めたし」

で、どうなったかというと、これがびっくり。

全然臭くない

マジですか?

あれから数日経つが、肌に異変が起こることもなく
相変わらずレオの臭いは消えている。

うーん、こりゃすごい。

ミラも「臭くないレオは好き」と、久々に仲良くなっている。

掃除オタクの母が気に入って買っただけの事はある。

母は、テレビショッピングで見て気に入って
業務用4Lの物を7000円くらいで買ったらしいのだが
ネットで調べたら送料込みで5250円で売ってる(笑)

【送料無料】超電水クリーンシュ!シュ! 4L詰替えボトル

その事実を知り、悔しがりつつも
「次買うときは、あんたに頼むわ」と買う気満々な母の様子を見ていると
かなり良い商品のようだ。

安全性も高く、家中の掃除に使えるのはなかなか魅力なので
私も近々、購入予定。

で、ここまで書いたところで
超電水のオフィシャルサイトを覗いてみた。

読めば読むほどいい感じの商品。
おや?ペット用の商品も出ているのね。

ふむふむと思いながら読んでいると
「ペットに直接かけないで下さい」と書かれてある。


Σ(゚Д゚|||)おいおいおいおいっ!
あかんやんっ!


まあ、ざっと読んでみたところ
原液が肌についても特に問題は無いみたいだし
使ったのは5倍に薄めたもので、なおさら刺激が少ないし
いまのところ、レオ自身にも何のトラブルも無いので一安心だが
何しよんねんと言う感じ。

…100%水だし、食器の消毒にも使えるから
口に入っても大丈夫なら、かけても大丈夫だと思ったんだろうなぁ。

説明書はきちんと読んでくださいよ、おかーさん。


とは言え、除菌、消臭に効果大なのは間違いないので
ペットを飼われている方はお試しあれ。


テーマ:シーズー - ジャンル:ペット

ニワトリ

これは私が小学生の頃のお話。

小さい頃から動物好きだった私。
犬や猫は当然のことながら熱帯魚や拾った大きな亀。
手乗り文鳥に九官鳥、挙句の果てにはひよこなんかも飼っていた。

さて、そのひよこだが
夜店の「ひよこ釣り」で手に入れたもの。

最もこのひよこは釣らずにお金を払って売ってもらったのだ。

母は「どうせすぐに死んでしまうだろう」と
よせばいいのに4羽も買ってくれたのだが
育て方が良かったのか、よほど強い子達だったのか
4羽とも立派なニワトリに育った。

裏庭に大きな小屋を作ってもらって、朝になると私が小屋の戸を開ける。
昼間は庭で放し飼い。
餌は自分のお小遣いで業者さんから大きな袋で買っていた。

私がスコップを持って歩くと並んで付いて歩くニワトリたち。
ミミズを掘り返してくれるのを知っているのだ。

ニワトリは我が家の飼い犬、柴犬のタロウとも仲良しだった。

餌の残りをついばみにくるニワトリを微笑ましく眺めるタロウ。
タロウに寄り添いながら昼寝するニワトリたち。
結構不思議な光景だった。

夕方になると自分たちで勝手に小屋に戻るので
その戸を占めるのも私の役目。

そんなこんなでにぎやかにニワトリたちとの生活を送っていたのだが
ある日異変に気づいた。

ニワトリ小屋を閉めようと思ったら、3羽しかいない。

「あれ?」

家に入って母に
「おかあさん、ニワトリが一匹足りひん」と言うと

「暗いから数え間違えたん違う?」

「ああ、そうなんかなぁ」と納得して、ふとストーブの上を見ると
大きな鍋がぐつぐつと煮えていた。

今日はおでんか何かなのかなとふたを開けると
それは大きな肉の塊。

…まさか…

「…おかあさん、これ…もしかして…」

「あ、それ?鶏(とり)やで」

「私のニワトリつぶしたんっ!?」

涙目で叫ぶ私。

母はけらけらと笑い
「ちゃうちゃう(笑)
今日、お肉屋さんで丸のまま買ってきてん」

「だって…ニワトリ一匹いてへんし…
それでこの料理って偶然にしてもおかしいやんっ」

ここで改めてニワトリ小屋へ数を確認しに行けばよかったのだが
冬の夜に暗い裏庭へ出るのは、小学生の私には怖かった。

絶対にうちのニワトリだと詰め寄る私に
母はあきれたように言った。

「嘘やと思うんやったら、武本さんのおばちゃんに聞いておいでや。
一緒に行ったから知ってやるで」

武本さんというのは近所に住んでいる母の親友。
家族ぐるみの付き合いで、どちらの家族も両家を
自分の家のように行き来していたので
ある意味、もう一人の母のような人である。

その人に聞けというのだから、よほど自信が有るのだろう。

「だいたい、おかあさんが鶏なんかしめられる訳ないやん」

確かに。
そういう事が出来るタイプではない事は私が一番良く知っている。

そもそも、母はニワトリをつかむ事すらできなかった。

なんだ、私の勘違いか。
ニワトリの数も単なる数え間違いだったのか。

「ほんまにもう、あんたは何勘違いしてんの。ほら、ご飯食べや」

私のニワトリでないのなら何も問題はない。
いただきま~す…

旨いっ! 

一口食べたのその鶏肉は、よく煮込まれていて柔らかく
尚且つジューシーで、こんな美味しい鶏肉を食べたのは初めてだった。

「おかあさん、この鶏美味しいねぇ」

そう言いながらパクパクご飯を食べる私。

「ホンマに美味しいねぇ。やっぱりええ肉はちゃうなぁ」
と、必要以上に肉の美味しさを強調する母。

「うん。ホンマに美味しい。なんぼでも食べられるわ」
と、無邪気に喜ぶ私。

「あー美味しかった。ごちそうさま」
と言って箸を置いた私に母が
「そんなに美味しかった?」と聞いてきた。

「うん。こんな美味しい鶏初めて」

「ごめん。
それホンマはあんたのニワトリ(笑)」



…………


えええええええええええええええっ!?

私のニワトリって…ええっ?
うわーん、食べちゃったよぉ(泣

母が言うには、親戚のおじさんが来てしめてくれたとのこと。

悪いかなーと思ったけど4羽もいるんだから
1羽ぐらい減ってもいいかなぁなんて思ったらしい。

「やっぱり一匹足りひんかったんやんっ
おかあさん酷いぃぃぃぃっ!」

「でも美味しかったやろ?」

にっこり笑いながら母は私を見つめる。

確かに美味しかった。
あれから色々な鶏肉を食べたが、あれ以上のものには
出会えていない。

そりゃ、いい餌をあげて
放し飼いで運動も十分で、自然のものを食べて育っている若鶏である。
美味しくない方が嘘だ。

「美味しかってんやったらええやん。
ニワトリも桃にそんなに美味しいって言ってもらえて幸せやと思うで」


お前が言うな(笑)
と、心の中で突っ込んでみた。


非常に複雑な心境の私であったが
私の育てたニワトリは確かに超美味だった。

鍋の中に、まだ半分以上残っている鶏肉をじーっと見つめ
お箸でつまんでぱくりと口の中へ。


「…美味しかったからええかな…」


一つ大人になった瞬間だったかもしれない(笑)

ウサギはニンジンが大好物って本当?



「ウサギの好物はニンジン」

最初にそう言い始めたのは誰なんだろう?

アニメや絵本のうさぎのキャラクターたちはいつもニンジンを持っている。
だから子供たちも「ウサギはニンジンが好き」だと自然に覚える。

誰もその事に疑いは持たなかったはずだ。
もちろん私もその一人。



でも本当にウサギはニンジンが好物なんだろうか?

少なくともうちのラビ君はニンジンが嫌いだ。
何が何でも食べようとしない。

匂いをかいで、ぺろりと舐めた後は
ぷいっと横を向いて完全無視を決め込んでいる。

その逆に、ブロッコリーや大根葉、セロリだと食い付きが違う。
それはもう嬉しそうにしょりしょり食べている。

もしかしてニンジン嫌いのウサギって珍しいんだろうかとおもって
ちょっと検索してみた。

…なーんや、
結構ニンジン嫌いのウサギ多いやん。

ウサギが必ずしもニンジン好きというわけでは無さそうだ。


そう言えば、「猫は魚が好き」と日本では当たり前のように考えられているが
アメリカでは猫は魚を食べないそうだ。

日本人からすると「嘘ぉ?猫と言えば魚やろ」と思ってしまうが
アメリカ人と日本人の食生活を考えると
なるほど、アメリカの猫は魚より肉を好むのも納得できる。

なんでも思い込みはあかん言うこっちゃね。


ちなみに、我が家の犬の好物は
生の大根やキャベツだったりする。

犬に生野菜は体に良くないと聞くが
彼は特に大きな病気をする事もなく今年で15歳。
今も元気に走り回っている。

たまたまかもしれないが
生野菜が彼の体質には合っているのかもしれない。

でも、ラビ君にあげた生野菜を
ダッシュで奪い取りにくるのはやめなさい(笑)



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。