すもももももももものうち

のほほんとね☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと思い出したあの頃の気持ち

先日、スーパーで買い物をしていた時の事
なにやら男の人が怒っているような声がした。

なんだろうとそちらの方を見ると父親と母親と小学校くらいの子供がいた。
間違いなく家族であろう。

父親は何か子供に怒っていたようで、最初は
「子供がわがままでも言ったのかな?」くらいにしか思っていなかったのだが
その父親が激高し始めた。

「もうええっ、ふざけんなっ!やってられるかっ!俺は帰るっ!!」
かなりの大声だったので思わずそちらの方を見てしまった。

慌てて父親を引き止めようとする母親。
不安げに立ち尽くす子供。
引き止める母親を振りほどいて本当に帰ろうとしている父親。

母親は悲しそうな顔で必死で説得しようとしているが
父親は眉間にしわを寄せて母親に言葉を叩きつけている。

私の中で嫌な記憶が甦った。

「元旦那と似てる…」

もちろん見てくれの事ではない。
切れ方が本当にそっくりだった事に驚いたのだ。

子供は怯えるでもなく何か無表情な感じさえしたのだが
私はその表情に見覚えがあることに気付いた。

「ミラもあんな顔してたっけ」

そう。
元旦那の顔色を伺っていたミラの表情にそっくりなのだ。

なんだかいたたまれない気持ちでその場を離れた。

「離婚して本当に良かった」

今更ながらしみじみ思った。


しばらく買い物を続けていると前方からさっきの父親が来た。
どうやら二人とは離れて一人でスーパー内をうろうろしているようだった。

父親が近づくにつれ、私に変化が表れた。

妙な不安感が私を包む。
でも、ただの不安じゃない。なんか上手く説明できないけれど
胸がざわついて喉が詰まる感じ。

一番近い感情としては不安と恐怖だろうか?

私はその父親とは知り合いでもなんでもない。
私がその人に怒られていたわけでもない。

それなのにその人が近づいてくるのが怖くて嫌で泣きそうになった。

なんだこれ?なんでこんな気持ちになるの?

とにかくその場を離れたくて、私は逆方向へ移動した。


移動した先にはさっきの母親と子供が。

悲しそうな顔の母親は昔の私に似ているんだろうか?
ふとそんな事を考えた。


それにしても結構ショックだ。
もう大丈夫だと思ってたんだけどなぁ。

以外に根は深いんだと思い知らされた出来事だった。

------------------------------------------------

今日、TBSの報道番組「イブニングファイブ」で
モラハラ特集の放送があるそうです。

関東ローカルの放送で18時17分から12分程度のVTRで
驚くようなゲストが出演されるそうです。
誰なんだろう?

なお、ニュースの状況等によっては
放送時間や日にちの変更もあるかもしれないそうなので
興味のある方はとりあえず要チェックです。






スポンサーサイト

テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

コメント

「もう大丈夫」と思えない事が大事な事なのかもしれないですね。
辛い事ですが。
必ずしも物事を考えながら年を重ねる事に務めている人なんて少ないですし、たとえ物事を考えながら年を重ねていても、突発的な感情を制御できるかもまた問題ですし、聖人なんて居ないですが、せめて自分を保つ事が出来ればた思ってしまいますね。

番組を拝見する事が出来ませんでした。

  • 2008/05/13(火) 21:02:15 |
  • URL |
  • M・O #-
  • [ 編集 ]

ブログはバカ旦那連載中から拝見してましたが、お初にコメントします。

心の傷はなかなか癒えるものではないようですね。私の妻も広い意味でのトラウマを抱えた人間ですが、ふとしたきっかけで過去の傷が浮き上がってくるようです。私だけでなく冷静なときの本人自身も不合理だとはわかっているのですが。
でも、むしろそういうものだと思うべきなのかもしれないと感じています。傷はなくなっていない、隠れていても存在するものと思うと、妻自身も私もむしろ割とうまく対処できます。

桃猫さんの今回のケースの場合も、ご自身がたくさんの経験をされているのですし、そのつらさの記憶は残念ながら脳細胞から消せるものではないですから、大丈夫ではなくて当然なのではないでしょうか。

それに、特にそういう経験が無い人間でも、そういう旦那を見れば不快に感じるものでしょう。つまりショックを受けた桃猫さんはなんら悪いことはなく、要はその旦那さんが誰にとっても不快な人物であったということが、最初にあるのではないかと思います。

  • 2008/05/13(火) 23:58:03 |
  • URL |
  • なんと #TY.N/4k.
  • [ 編集 ]

初めましてこんにちは。
「くたばれバカ旦那」読ませていただきました。

姑さんの「賞味期限に気付かない」、元夫さんの「金遣いの荒さ」などなど、親子でジャイアンADHDのようだなぁと思いました。

因みに、私が別れたモラ男はジャイアンADHDでした。
二度と同じ様な目には遭いたくないし、
我が子を被害者にも加害者にもしたくないと思い、
人格障害やらACやら勉強していくうちに発達障害に辿り着きました。
興味深いサイトがありましたので、もし良かったらよってみてください。
精神科医によるページですが、先生自らがADHDだそうです。

http://blog.m3.com/adhd_asperger_etc/

http://www7.ocn.ne.jp/~k-goto/

  • 2008/07/14(月) 14:01:09 |
  • URL |
  • Monaka #-
  • [ 編集 ]

初めましてこんにちは。

私はモラハラ夫と暮らしております。
子供が社会人になるまで、
 あと数年頑張るつもりです。
今日も不愉快な一言で傷つき涙しました。

別れて良かったですね。
私もその日が来るのを希望の光として
頑張ります。

お子さんとの幸せな時間を
 大切にして下さいね。

応援しています!!

  • 2008/08/02(土) 21:31:11 |
  • URL |
  • ラピス #GSSThFxs
  • [ 編集 ]

桃猫さん、こんにちは。

最近「くたばれバカ旦那!」のブログの読者になった者です。多分うちの嫁は桃さんと同年代で、私たちが結婚した時期も桃さんたちと同じ頃だと思います。(ちなみに僕は嫁より6歳年上です)

桃さんのブログ読んで、とても心が動かされたので、その気持ちお伝えしたいと思ってコメント書かせていただきました。

私たちは、それなりに摩擦や衝突もありましたが、それなりに幸福な結婚生活を楽しんでいました。一年前のあの日が来るまでは…

ウチの場合は桃さんと逆です。嫁の不倫が発覚して…もちろんそこに至るまではいろいろあったのですが…それはこれまでの嫁の素行とは余りにかけ離れた、衝撃的な出来事でした。

その後、嫁は「家にいると耐えられない」といって家を出てゆきました。ローティーンの二人の息子を残して…

こう書くとひどい嫁のようですが、気立ての優しい、家庭的な、人から好かれる性格だったんです。外見も年寄り若く見えて、まあまあいけてたし…というか、正直、僕は嫁に惚れていました。「旦那、私にベタぼれやろ?」と見透かされるくらい。

だから、辛かった。ここ数年、sexを拒まれることが増えてきて…それでも、全く無いわけではなかったのですが。「倦怠期」というやつかなぁ…と正直寂しく感じていました。

だから、桃さんが旦那さんに拒否られたくだりなんか自分のことのように思えて、涙なくしては読めませんでした。「俺がおかしいのかなぁ…」そう思って悩んだこともありました。

そして、桃さんのブログを通して僕も「モラハラ」という言葉を知りました。もしかしてウチの嫁は「モラ妻」なんじゃろうか?最初はそう思いました。桃さんに自分を投影して、感情移入していたんです。嫁も僕と対等に話し合おうとしてくれませんでした。

そこは男女が逆ですので、多少勝手が違うのかもしれませんが、僕が話し合いたいと思っている肝心なことについては、突っ込んで話そうとしても、思い通りにならないと「もういい!」と一方的に会話を打ち切られ、その後しばらく機嫌の悪い状態が続きます。僕は「自分が悪かったんだろうか?」と悩むことになります。

でも、そのうち読み進むにつれ、桃さんの元旦那さんの振る舞いが、全くではありませんが、少し自分にも当てはまるような、心当たりがあるような気もしてきたのです。

「もしかして、俺がモラ夫?」そう考えるようにもなりました。現に今、嫁は「うつ病になった」といって友人のところに居候しています。「子供に会いたい」と言って時々は帰ってくるのですが、僕との関係を修復しようという気持ちは今のところ見られません。

あなたには感謝しているし、本当に申し訳ないと思っている、と嫁は言います…が、それだけです。僕の提案もまったく取り合ってもらえず、根本的に今の状況を改善するようなことは何もしようとしてくれません。うつ病のせいなのかどうか、気分もとても不安定です。離婚して欲しいとも何度か言われました。本人も辛いようですが。

どうしたらいいのか…途方にくれながら一年が経ってしまいました。僕は仕事をしながら、二人の中学生の息子を育てています。はっきり言ってあまり幸せとは言い難い毎日です。

初めてにもかかわらず、いろいろ書き込んでしまってすみません。僕が伝えたかったのはこんな状況にある四十男でも桃さんのブログを読んで励まされている、ということです。ぜひ感謝を、そして頑張っている桃さんに声援を送りたくて。

どうか今後も、お仕事と子育て、そしてブログの更新の方も頑張ってください。

桃さんの今後の人生に幸あれと祈っています。

  • 2008/08/07(木) 19:49:13 |
  • URL |
  • sero #bAog0PAo
  • [ 編集 ]

はじめまして

桃猫さん、こんにちは。

最近「くたばれバカ旦那!」のブログの読者になった者です。多分うちの嫁は桃さんと同年代で、私たちが結婚した時期も桃さんたちと同じ頃だと思います。(ちなみに僕は嫁より6歳年上です)

桃さんのブログ読んで、とても心が動かされたので、その気持ちお伝えしたいと思ってコメント書かせていただきました。

私たちは、それなりに摩擦や衝突もありましたが、それなりに幸福な結婚生活を楽しんでいました。一年前のあの日が来るまでは…

ウチの場合は桃さんと逆です。嫁の不倫が発覚して…もちろんそこに至るまではいろいろあったのですが…それはこれまでの嫁の素行とは余りにかけ離れた、衝撃的な出来事でした。

その後、嫁は「家にいると耐えられない」といって家を出てゆきました。ローティーンの二人の息子を残して…

こう書くとひどい嫁のようですが、気立ての優しい、家庭的な、人から好かれる性格だったんです。外見も年寄り若く見えて、まあまあいけてたし…というか、正直、僕は嫁に惚れていました。「旦那、私にベタぼれやろ?」と見透かされるくらい。

だから、辛かった。ここ数年、sexを拒まれることが増えてきて…それでも、全く無いわけではなかったのですが。「倦怠期」というやつかなぁ…と正直寂しく感じていました。

だから、桃さんが旦那さんに拒否られたくだりなんか自分のことのように思えて、涙なくしては読めませんでした。「俺がおかしいのかなぁ…」そう思って悩んだこともありました。

そして、桃さんのブログを通して僕も「モラハラ」という言葉を知りました。もしかしてウチの嫁は「モラ妻」なんじゃろうか?最初はそう思いました。桃さんに自分を投影して、感情移入していたんです。嫁も僕と対等に話し合おうとしてくれませんでした。

そこは男女が逆ですので、多少勝手が違うのかもしれませんが、僕が話し合いたいと思っている肝心なことについては、突っ込んで話そうとしても、思い通りにならないと「もういい!」と一方的に会話を打ち切られ、その後しばらく機嫌の悪い状態が続きます。僕は「自分が悪かったんだろうか?」と悩むことになります。

でも、そのうち読み進むにつれ、桃さんの元旦那さんの振る舞いが、全くではありませんが、少し自分にも当てはまるような、心当たりがあるような気もしてきたのです。

「もしかして、俺がモラ夫?」そう考えるようにもなりました。現に今、嫁は「うつ病になった」といって友人のところに居候しています。「子供に会いたい」と言って時々は帰ってくるのですが、僕との関係を修復しようという気持ちは今のところ見られません。

あなたには感謝しているし、本当に申し訳ないと思っている、と嫁は言います…が、それだけです。僕の提案もまったく取り合ってもらえず、根本的に今の状況を改善するようなことは何もしようとしてくれません。うつ病のせいなのかどうか、気分もとても不安定です。離婚して欲しいとも何度か言われました。本人も辛いようですが。

どうしたらいいのか…途方にくれながら一年が経ってしまいました。僕は仕事をしながら、二人の中学生の息子を育てています。はっきり言ってあまり幸せとは言い難い毎日です。

初めてにもかかわらず、いろいろ書き込んでしまってすみません。僕が伝えたかったのはこんな状況にある四十男でも桃さんのブログを読んで励まされている、ということです。ぜひ感謝を、そして頑張っている桃さんに声援を送りたくて。

どうか今後も、お仕事と子育て、そしてブログの更新の方も頑張ってください。

桃さんの今後の人生に幸あれと祈っています。

  • 2008/08/07(木) 19:49:42 |
  • URL |
  • sero #bAog0PAo
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/12/30(火) 03:49:07 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/01/22(木) 21:56:53 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

はじめまして?

桃さんはじめまして!かな…?

くたばればか旦那のblogの時から読んでました!

1年振りくらいにここに来てみました(^O^)

更新されてないようですが、お元気ですか?

コメントに気付いていただけるかわかりませんが、
またここに来ますね!

では。

  • 2009/05/06(水) 21:41:21 |
  • URL |
  • くみ #-
  • [ 編集 ]

『子供 しつけ』から昔のブログに辿り着き、新たなココに辿り着きました。
元旦那さんは頑固な父親に叱られてきたから、似てしまったのでは?と思ったりもしましたが…
でもあの神経は考えられないくらい腹が立ちました。
今更だけど、離婚できて良かったですね…なんて言って良いのやら。
なぜか私は元旦那さんが現在どうなったのか気になって仕方がないです。

  • 2009/07/03(金) 16:42:29 |
  • URL |
  • ゆう #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://momolove.blog15.fc2.com/tb.php/90-7b452a5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。