すもももももももものうち

のほほんとね☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオの夜鳴き

ここ一週間ほど寝不足の桃猫です。

最近のレオは夜鳴きがひどい。
以前はせいぜい「ふぅ~ん、ふぅ~ん」程度しか鳴かなかったのに
一週間ほどまえから「きゃうぅぅぅぅぅんっ!きゃうんっ!」と
絞め殺されそうな声を出すようになった。

原因は後ろ足が動き難くなってきた事。

立ちたいのに立てない。
足が動かない。
もしかしたら足が痛かったりするのかもしれない。

そんなこんなで思い通りにならない事に腹が立つのか悔しいのか
私に何とかしてもらおうと助けを呼んでいるのか
昼夜を問わずに
「きゃうぅぅぅぅぅんっ!きゃうんっ!」と鳴き続ける。

これがまた声がでかい。
二階にいても聞こえるもんだから気になって気になって
無視して寝るわけにもいかずリビングへ行く。

「立てない、なんとかしろ」とばかりに鳴きつづけるレオ。
はいはいと起こす。また倒れる。さらに鳴く。
これの繰り返し。

ある程度繰り返すと少し歩けるようになるので放置。

しばらく歩き続けているから大丈夫かな~と二階へあがって
さて寝るかとウトウトし始めるとまた「きゃうんっ!」
仕方が無いのでまた一階へ戻り起こして倒れての繰り返し。

レオが納得して寝床に戻ればお役御免。やっと寝れるのである。

これを決まって明け方にやられるのでちょっと大変だが
レオも体が辛いのだろうから仕方が無い。

食欲は変わらないし頭は元気なので
レオ自身も自分の体と中身のギャップに戸惑っているのかもしれない。
「なんでこんなに体が自由に動かないんだろう」と困っているのだろう。

このまま寝たきりになっちゃうのかなぁ。
いや、自分で動こうと必死になってるからそれはまだまだ先の話か。
私が助け続ければ当分は大丈夫だと思いたい。

「歩けるように車椅子的な物を作るべきかなぁ」とつぶやく私に
大ちゃんが「桃ちゃんやったら本気でやりそうやからなぁ」と言って笑った。

うん。結構本気(笑)
レオが本当に動けなくなったら絶対に作るぞー


スポンサーサイト

テーマ:老犬介護 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。