すもももももももものうち

のほほんとね☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくりした

一瞬倒れてるのかと思った。
ただ寝てただけだと判明。

レオ、フローリングでお昼寝

こんなところで普段寝ないから余計に驚いた。
歳が歳なんだからビックリさせないで~



スポンサーサイト

テーマ:シーズー - ジャンル:ペット

人口甘味料

最近やたらと多いカロリー0飲料。
世の中やせたい人が多いんだなぁとつくづく思う。

もちろん私もその一人なのだが
残念なことに私はそれらの商品の恩恵にあずかることができないのだ。

なぜかって?

それは舌が拒否するから。

最初はもちろん飛びつきましたとも。

ジュース飲んで0カロリーなんて素敵♪
なんてね。

一口飲んで「うん、おいしい」

そう思ったのもつかの間、嫌な味が口の中に広がり始める。

「なんだこれ!?」

どう説明すれば良いのだろうか?
後味がものすごく悪い。

飲み終わった後もしばらく嫌な味が口の中に居座り続け
気分が悪くなってきた。

なるほど、食欲を無くしてダイエット効果を促進するのか!
…って、そんな訳ないやろっ

きっとこの商品が合わなかったんだ、そうに違いない。

そう思って別の商品にトライしてみたがやっぱり後味でダウン。
「改良しました」ってんで試してみたがやっぱりダメ。
友人に「これは美味しかったよ」と言われ飲んでみたがこれも無理。

飲み物だからダメなのか?
ゼリーならどうだっ!ってんで試してみた0カロリーゼリー。

…これもダメだった。

何故だっ!どうしてだっ!

考えた挙句思い当たったのがカロリーゼロの人口甘味料
どうやら私はこいつととことん相性が悪いらしい。


私だけかと思ったら娘もダメだった。
「気持悪い…」と一口飲んでノックアウト。

先日軽い気持で買った80kcalのアイス。
「アイスで低カロリーなんて素敵
そう思ってふと見ると人口甘味料が入っていることに気づく。

…しまった。でもアイスならめちゃめちゃ冷たいから
口の中が麻痺して大丈夫かも…。

恐る恐る口の中に入れる。

………あ、意外と大丈夫。

なんだアイスは大丈夫なんだとパクパク食べて一息ついた。

うん、後味は大丈夫。
そう思ったのもつかの間、嫌な味が一気に広がる。

ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ今までで一番つらいっ!

冷たさで麻痺していたものがどうやら一気に来たらしい。
気持悪い、胸が悪い。
その日、私は一日中食欲が無かった。

ダイエットと言う意味では間違ってはいないのだがなんか違う

カルピスソーダはゼロカロリーじゃない方も人口甘味料入りが何故か基本形になっている。
最初から低カロリー仕様のドリンクがどんどん増えてきている。
気になる商品や好きなフレーバーの物も人口甘味料が入っていると飲めやしない。

普通のコーラが美味しいよママン。

全てのドリンクが人口甘味料入りになったらどうしよう(泣
そうならない事を心から祈らずにはいられない。

テーマ:どーでもいいこと。 - ジャンル:ブログ

レオの受難

レオが風邪をひいてから数ヶ月
すっかり元気になり何事も無く日々が過ぎていったのだが
ある朝再びレオに異変が起こった。

リビングの真ん中でジタバタしているレオ。

立とうと必死にもがいているようなのだが
腰が抜けているような感じになって全く立てない。

え?なんで?どうして?

仰向けにして足を押したり引いたりしてみた。

何かおかしい。
足に力が全く入っていないのだ。

とりあえず布団の上に連れて行く。

ゆっくり寝ていればいいのに必死で動こうとするレオ。
なんで?と思ったらどうやらトイレに行きたかったらしい。

立ち上がれなくてその場で粗相。

仕方がないので布団の上にトイレシートを敷く。
これで大丈夫と思っていたら

…また必死になって動こうとしていた。

きちんと立ててはいなかったが
上半身を使ってよろよろとはいずりながらトイレへ向かおうとするレオ。


いや、だからその状態じゃ無理なんだって。

当然途中で粗相。

そんなにトイレでしたいのならと布団の隣にトイレを移動。
これで無理して移動することも無い。
安心したのもつかの間

…またヨレヨレの状態で元トイレがあった場所へ行こうとする。

なんかもう見ていて可哀想な状態になっているのに
ふんふん鳴きながら這いずって転がって…
もうレオ自身もぐちゃぐちゃである。

食欲も無くなった。
昨日まで元気だったのに急に「老犬」と言った感じになり
生気さえも失ってしまったように見えた。

そんなレオを見て夫が言った。

「おかあさん呼んであげた方がいいんちゃうかなぁ」

母はレオをそりゃあ可愛がっていた。
拠所無い事情でうちで引き取ることになったが
しばらくは毎週のように会いに来ていたものだ。

「最期かもしれへんから」

考えたくは無かったがその通りだ。
レオが生きている間に母に会わせなくては。

母に連絡したらすぐに飛んできた。

寝たきりのような状態のレオを見ると少し悲しげではあったが
「歳やししょうがないわなぁ」とレオを撫でていた。


「もう歳やし今死んでも大往生やしなぁ。…申し訳ないけどレオの事頼むわな」と
名残惜しそうに帰って行った。

食欲の無いレオの口元にごはんを運ぶ。
なんとか少しずつ食べる。
トイレに行きたそうに必死で動くが当然動けなくて粗相。

そんな日が2、3日続いただろうか。
朝起きてみるとレオがよたよたと歩いていた。

え?なんで?

そう思った瞬間に転んでジタバタしている。

…やっぱり歩けないんだよね?
でも…あれ?昨日よりは動けてるよなぁ。
それとも最期の力を出してるのかなぁ。

更に翌日。

ふらふら歩きながら元のトイレの場所で用をたしているレオ

あれ?昨日より歩いてる?
まさか良くなってる?

そしてその翌日
すっかり元通りにテクテクとリビングを歩き回るレオの姿があったとさ。

結局急に立てなくなった原因も急に歩けるようになった原因もわからず仕舞い。
後に獣医さんに聞いてみたところ「骨がずれたんじゃないのかな」との事。

もしかしてレオが動こうと必死でもがき続けたことで
ずれた骨が元に戻ったのかもしれない。

恐るべしレオの生命力。

何事もなかったかのようなレオだが、ただ一つ変わったことと言えば
一日に4時間以上リビングをぐるぐると散歩する習慣がついた事だろうか。

どうやら歩けなかったのが相当ショックだったようで
足を鍛えているつもりらしい。

そんな騒動を乗り越え無事18歳になったレオは
今日も元気にリビングを散歩しているのだった。


レオ


↑毛並みがボサボサなのは美容院には行かず
私がカットしているからなのでした






テーマ:シーズー - ジャンル:ペット

レオ君初めて風邪をひく

今のところまだまだ元気な老犬レオだが
実は昨年、2度ほど「もうダメかも」と思ってしまった事があった。

最初のそれは2月頃の事。

朝、目が覚めてリビングへ行くと

…なんか床が汚い。


なんだなんだ。レオがなんかやらかしたのか?
そう思って寝床にいるレオを見ると何か変。
何か顔が汚い。

ん~?

近くに寄ってよく見るとすごい鼻水!

ずずっ、ずびっ、ず~っ。

苦しそうに鼻をすするレオ。



…もしかして…


風邪?


ぶしっ!ぶしっ!


くしゃみを何度もするレオ。飛び散る鼻水。
あ~、床の汚れの原因はこれね…。


それにしてもレオが風邪をひくなんて初めての事。
やっぱり歳を取ると抵抗力が無くなるんだろう。

大丈夫かぁ~と軽い気持でレオの背中に手を置く。

熱い。

犬の体温が人間より高いのは当然だが普段とは明らかに違う。
高熱があるとわかる熱さだった。

とりあえずごはんをあげてみるが見向きもしない。


これはヤバイ。本気でヤバイ。

レオはどんな時でも食欲をなくしたことは無い。
歳を取ったら食欲が落ちるとも聞いていたが一向に落ちる気配も無かった。
そのレオがごはんに一切関心を持たずに寝ているなんて
絶対にありえない!

超緊急事態


取るものもとりあえず獣医さんへGO!

ぐったりしているレオを抱きながら待っている私の顔色は
さぞ悪かったことだろう。

レオがこのまま死んだらどうしよう。
もう歳だから仕方ないのかなぁ…。17歳やもんなぁ…。
でも老衰ならともかく風邪なんかで…。
寒かったのかなぁ。
ごめんねごめんねごめんね…

色々な事が頭の中をぐるぐるしていた。


先生に呼ばれ診察を受ける。
思ったとおり風邪。

「大丈夫でしょうか?」

「まあ年齢が年齢なので最悪の場合も考えられますね。
風邪薬を出しておきますので様子を見てください。
何かあったらすぐ来てくださいね」

ガーン

余命宣告を受けたような気持ち。


半泣きで家へ連れて帰り薬を飲ませようとするが
ぐったりして飲もうとしない。

仕方ないのでリンゴをすりおろしてそこに混ぜ
手のひらにのせて口元に運ぶ。

くんくん。

おっ!今までごはんに見向きもしなかったレオが反応した。

ぺろり。

少しだけリンゴを舐めてそのままペロペロと口の周りを舐める。

のそり。

少しだけ顔を上げこちらを見ている。


どうやら甘くてのど越しの良いリンゴのすりおろしがお気に召したらしい。

人間も犬も一緒だなぁなんて思いながら
口元にすりおろしリンゴを運ぶとペロリペロリと舐め始めた。


いつものレオからするととてもゆっくりとしたものだったが
食べたいと言う意思が感じ取られた。

なんとなくではあるが「大丈夫かもしれない」と思った。



そして翌日…。

レオは少し鼻をすすってはいたが何事も無かったように部屋中をスタスタと歩き回り
いつもと同じ量のごはんをぺろりと平らげ
おやつにリンゴをねだりまくっていたのであった。

・・・すげぇ元気。

普段からきっちりごはんを食べていたから体力があったのだろう。

こりゃあ当分お迎えは来ないな♪と一安心の私だったのだが
その数ヵ月後、また「今回はダメかも」と思うような事が起こるのだった…。



以下次号

テーマ:シーズー - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。